美容

胎盤エキスから作ったプラセンタ

近年人気の上がってきたサプリメントの中には、『プラセンタ配合』と書かれたタブレットやドリンク、また美容液などがあります。
コラーゲンやビタミンBなどというのは良く聞きますが、プラセンタとは一体どんな成分なのでしょうか。

プラセンタとは『胎盤』という意味で、哺乳類の持つ胎盤から抽出したエキスを使用したものの事を言います。
一般に市販されているプラセンタサプリメントでは、主に馬や豚由来の動物性プラセンタの他にも、
植物の胎盤にあたる『胎座』から抽出された植物性プラセンタエキスや、鮭の『卵巣膜』から抽出された海洋性プラセンタエキスが使用されています。

本来であれば哺乳類の胎盤にある『成長因子』までもが含まれているものが効果的ですが、貴重なものであるために価格も高めであることや、
また動物特有のウイルスなどのこともあり(元々は牛が多く使われていましたが、狂牛病などの発祥以降、心配しされるようになったため)、
植物や鮭など代わりとなるプラセンタも注目されるようになりました。

実際に、成長因子以外の成分としては必須アミノ酸やコラーゲンなどを含んでいたり、美容面では十分に有効です。

ご存知のようにプラセンタ(胎盤)は、
1つの受精卵が赤ちゃんと胎盤に分かれ、その後は片割れである赤ちゃんを成長させる為に栄養などの必要な成分を届けたりして
赤ちゃんとして生を受けるまで成長させるほどの力があるということです。

このようにさまざまな栄養成分などを含んでいたり、成長させる力までをも兼ね備えたプラセンタの働きは、
今や先端医療には欠かせない重要な器官であると言え、まだまだ研究が盛んに行われてます。

プラセンタは、注射薬としては医療用医薬品として肝機能障害や更年期障害、アレルギー疾患、胃潰瘍などの治療に用いられていて、
外科剤としても火傷や各種皮膚炎などに塗り薬として処方されることもあります。
このようにプラセンタには無限のパワーが秘められている事が分かります。
注射や点滴タイプが一番効果を期待できる摂取方法とされていますが、こちらのタイプは誰でも簡単に摂取できるものではないですよね。
一回にかかる費用が高いですし、継続していかないと意味がないので継続するには大金がかかります。
なので、プラセンタを手軽に摂る方法としてサプリメントやドリンクタイプ、また肌に塗る化粧水などがありますので、こちらのタイプを継続していくと良いでしょう。