美容

プラセンタの成分を壊さない酸素分解法

プラセンタとは『胎盤』のことで、
動物性プラセンタはまさに赤ちゃんを育てる為に必要不可欠な胎盤、
植物性プラセンタでは胎座と呼ばれる胎盤と同等の役割をするもの、
また海洋性プラセンタでは卵巣膜がそれにあたり、これらのものから抽出されたエキスをプラセンタエキス(プラセンタ)と呼んでいます。

プラセンタエキスの抽出方法は様々あります。
プラセンタエキスを抽出する際にできる限り豊富な栄養成分を、傷つけないように抽出するにはとてもコストがかかりますが、良いプラセンタエキスを残す為には必須といえます。

プラセンタエキスの抽出方法のうち、『分子分画法』や『凍結酵素抽出法』にいたってはコストが特に高くなってしまい、
製品の価格も高価にならざるを得なくなってしまうので、比較的コストが抑えられる『酵素分解法』や『加水分解法』が多く使用されています。
コストをぐっと抑えるために加水分解法を利用する場合が多いですが、圧力や温度の変化が高く、抽出する過程でプラセンタの有効成分が損なわれやすいので、
加水分解法と同じような工程で行われる『酵素分解法』が推奨されます。

<酵素分解法>
低温処理した胎盤の組織細胞を酵素反応で分解し、有効成分を抽出する方法。
身体の中で行われる消化反応に似た工程を酵素によって人工的に再現することで、有効成分を抽出します。
酵素分解法はコストも比較的抑えられる他、プラセンタエキスも損ないにくく、さらには種類ごとに特定の物質のみを抽出できるという優れた抽出方法です。
有効成分を損なわずに有効成分をより多く残したプラセンタエキスは、高濃度の高品質プラセンタであると言えます。

プラセンタサプリメントは、胃腸の調子が悪いときや便秘がちなときなどには効果が出にくいなど、ただでさえデリケートなサプリメントですが、
プラセンタの品質によって大きく差が出るサプリメントです。
高品質で信頼のできるサプリメントであれば、プラセンタの抽出方法にもこだわっています。
プラセンタの抽出方法にも注意してサプリメント選びをしてみると良いでしょう。