美容

国産も海外産も価格に大きな差がないからやっぱり国産プラセンタ

医療の現場で治療薬として使われていたプラセンタから
様々な効能が見つけられ、誰でも手に入れることのできるサプリメントの開発が行われました。

治療薬としては更年期障害や肝機能障害の改善に主に使用されていますが、
シワやシミの改善として美容の効果を求めて皮下注射する有名人も増え、
今市販されているプラセンタサプリメントやドリンク、美容液などは
美肌効果や肝機能の促進、疲れやすい身体やニキビの悩みなど、美容と健康に大きな効果があるといわれています。

プラセンタサプリメントは様々市販されていますが、
プラセンタには由来によっても種類が分かれ、それぞれ特徴があります。

元々は人の胎盤そのものをプラセンタと呼び、その昔には産後に胎盤を食べるという習慣があったところもあったようですが、
現在使用されるプラセンタは医療用のものであっても胎盤そのものではなく、胎盤から栄養素などの成分を抽出してモノを使用しています。

サプリメントに使用されているのは動物性・植物性・海洋性のものがあり、
植物性のプラセンタも海洋性のプラセンタも美容の面で考えれば十分に効果的ではありますが、成長因子まで含んでいるのは動物性のものだけです。
特にこの動物性のサプリメントでは国産のものと海外産のものとで好みが分かれるようです。

動物性のサプリメントでは、豚や馬、羊のプラセンタが多く利用されていますが、
一昔前に狂牛病などで動物から人間に伝染する病気などの流行があってから特に、安全面での不安からか国産のものが好まれる傾向にあります。

価格は、海外産のものの方が若干安く設定されているものが多いようで、
海外産のものであっても動物の飼育環境がハッキリ明記されているようなものは安心して服用できるということですので、
毎日負担なく続けて飲めるように少しでも価格を抑えたものを好む人は、海外産を選ぶようです。

海外産のものであっても、特にデンマークや飼料への成長促進抗生物質の使用が禁止されていたり、
農薬の残留検査をてするなど徹底的な衛生管理が行われているので、国産のものとも大差ない安心感で使用できるでしょう。