美容

魚の卵巣膜からできた海洋性プラセンタ

別名『マリンプラセンタ』と呼ばれる海洋性のプラセンタは、
人間の胎盤にあたる魚の卵巣膜という栄養に富んだ膜から抽出します。
特に、外洋を回遊するため汚染の危険の少ない鮭の卵巣膜は栄養成分も豊富で、動物性プラセンタと肩を並べるほどだと注目されています。

海洋性プラセンタには、お肌の弾力などに欠かせないコラーゲンや、
そのコラーゲンを補助したり、動脈硬化の防止や骨の成長促進にも効果のあるコンドロイチン硫酸、
さらには疲労回復やお肌の保護作用をもつビタミンB群なども豊富で、まさに美容に最適のプラセンタと言えます。

植物性プラセンタで特徴的な美白や美肌作用に加え、シミやシワなどの改善が期待でき、さらには疲労回復や肩こりの緩和、更年期障害の改善、月経困難症の緩和、免疫力強化作用などまでもが期待できます。

動物性プラセンタのように成長因子は含まれていないので、
皮膚機能の修復などまでもを行うことはできませんが、皮膚の弾力を取り戻すエラスチンや、新陳代謝のアップには不可欠な核酸が含まれています。
特に年齢と共に減少してしまいシワの原因ともなってしまうエラスチンを補うことができるのは、海洋プラセンタだけです。

美容だけではなく、体内で合成することのできない必須アミノ酸9種類をはじめ18種類のアミノ酸の他、ミネラルなど約30種類もの栄養成分が豊富に含まれています。

海洋性プラセンタもタブレットタイプからドリンクタイプ、顆粒タイプ、クリームタイプ、美容液タイプと様々な方法で使用することができます。
やはり一番即効性の期待できるのはドリンクタイプですが、お値段は少し高めのようで、飲みやすさと効果の現れ方、価格などから総合的に評価されているのはタブレットタイプです。

植物性プラセンタ、海洋性プラセンタ、動物性プラセンタ、それぞれにメリットやデメリットとなることがありますので、
どのタイプが自分が求めているものなのかを見極めることでより確実に結果を得られるのではないでしょうか。
また、医療用としてはヒトプラセンタも使用されています。