美容

女性ホルモンが補えるプラセンタ

プラセンタには更年期障害を軽減するために医療の場でも治療行為としてプラセンタ治療を行う場合があります。

プラセンタにはホルモンバランスを調整して卵巣機能を活性化させる働きがあるからであって、
決してプラセンタ治療に使われるプラセンタの中に女性ホルモンが含まれているからではありません。

プラセンタは哺乳類の胎盤のことです。
胎盤そのものにはもちろんホルモンは含まれていますが、
プラセンタエキスとして抽出してつくられたものにはホルモンは含まれていませんので心配はいりません。

プラセンタは女性ホルモンを補うことのできる成分として注目を集めていますが、女性ホルモンそのものを補ってくれるわけではなく、
プラセンタの働きによって卵巣機能を活性化させて更年期とともに急激に低下する女性ホルモンの分泌を補うことで、更年期の症状を軽減してくれるというわけです。

女性ホルモンの量は少なくても多くても好ましくなく、
ただ女性ホルモンが少ないからといってやみくもに女性ホルモンを増やせば良いというわけではないのです。

女性ホルモンが少ない場合は女性ホルモンの分泌を促し、
女性ホルモンが多い場合には女性ホルモンの分泌を抑制し、
女性ホルモンのバランスをとるということが大事になります。

女性ホルモンをただ増やすというわけではないプラセンタは、
だからこそ最適な成分であるといえるわけです。

更年期障害は良く聞くホテリや発汗、自律神経失調症というものに悩まされ、
人によっては本格的なうつ症状を引き起こす場合もあり、軽視できない症状といえます。

更年期障害の症状緩和のためにホルモン治療を行うのが一般的でしたが、
ホルモン治療を受けるリスクとして乳がんにかかりやすくなってしまうことが挙げられ、定期的な乳がんや子宮がんの検診の必要性が出てきて、
乳がんのリスクが高くなるというデメリットがありながらも更年期障害の症状は緩和したいという、難しい選択がありました。

近年ではプラセンタの研究・開発が進み、更年期障害に悩む方がリスクの伴わないホルモン治療を受けることができるようになってきました。
前述したように、抽出したプラセンタエキスにはホルモンが含まれていないからです。

このように、副作用や乳がんのリスクの伴わないホルモン治療を行えるプラセンタは、まさに女性にとって救世主のような存在です。
また、プラセンタでアンチエイジング効果も期待出来るので、女性はとても嬉しいですね。

ただし、現代ではまだプラセンタ治療を受けた方の輸血や献血は禁止されていることもありますので、
プラセンタ治療がデメリットがまったくないというわけではありませんので、きちんと医師と相談の上で判断をするようにしましょう。