美容

スイス産最高級プラセンタ「羊プラセンタ」

動物由来のプラセンタエキスは、馬や豚、羊のプラセンタを使用しているものが多くあります。

中でも豚由来のプラセンタサプリメントは人間の皮膚に近いのでお肌になじみやすく、価格も比較的安価で販売されていて、
一方馬由来のプラセンタサプリメントは希少なために高価ではありますが、豚の数百倍とも言われるほどの栄養価を含んでいる為に人気でもあります。

そして近年研究が進み、羊からのプラセンタエキスの抽出にも成功していて、徐々に増えています。

羊の胎盤は人間の胎盤に近いアミノ酸組成をしているので、免疫反応の心配がなく、身体に浸透しやすいのが特徴です。
プラセンタに使用される羊は徹底的な品質管理の下、ノンストレスで飼育されていて、
化学物質や抗生物質なども一切使わない医用動物として育てられている最高級の羊もいます。
BSE未発生国であるニュージーランドの医用羊の胎盤から作られた『MFⅢプラセンタカプセル』から得られる効果のすべてが
国際的な検査機関から認定を受けるほど、世界トップクラスの安全性と品質を保証されています。

『MFⅢ』は1粒8000mgもの濃縮プラセンタエキスが含まれていますので、
一般的なプラセンタカプセルのおおよそ20倍といわれます。

さらには、多くのサプリメントカプセルが胃液によって溶かされてしまいますが、
MFⅢは体内で最も栄養の吸収率が高い少量で解けるように高価な魚成分のソフトゼラチンで包まれていることも大きな特徴です。
最大の特徴は、プラセンタの抽出方法です。

プラセンタ細胞をより生きた状態で抽出することのできるセルカルチャーと呼ばれる方法で抽出されています。
この方法で抽出されたプラセンタは不純物がより少なく、作用が安定して代謝率が高くなります。

セルカルチャーで、代謝活性率を保ったまま抽出する技術を持つ国は、現在ではスイスとドイツのみと言われ、サプリメントではMFⅢのみです。