美容

プラセンタとコラーゲンで相乗効果を発揮

美肌効果を期待するサプリメントなどでよく見かける『プラセンタ』と『コラーゲン』。
それぞれの働きや効果に違いはあるのでしょうか。

<プラセンタの主な働きと効果について・・・>
プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出されたもので、細胞分裂を促進させて新しい細胞を作り出す働きを兼ね備えています。
お肌のシワやシミを改善させたり、ニキビ痕や火傷の痕まで効果があります。

<コラーゲンの主な働きと効果について・・・>
コラーゲンは皮膚や骨、内臓を作るタンパク質の一種で、細胞と細胞などを結合する役割があります。
コラーゲンは、エラスチンとヒアルロン酸と共にお肌に潤いや弾力をもたらす為に真皮に存在しうる成分で、
プラセンタはこの成分たちを生成する繊維芽細胞を活性化することができるものとなります。

プラセンタにはコラーゲン合成促進作用がますので、プラセンタエキスのみで十分ではないかと思いますが、
体内でコラーゲン合成の材料となるコラーゲンを一緒に摂取したほうが、よりコラーゲン合成促進されてより高い相乗効果が期待できるのです。

主にコラーゲンが健康目的メインで、プラセンタは美容目的メインと考えると良いかもしれません。
身体の内部の細胞同士を強く健康にしていくコラーゲンと、その作用を活性化させるなどして、お肌への効果を高めるプラセンタです。

さらにはプラセンタは希少で高価なものですので、コラーゲンなどと配合することによってサプリメント自体の価格もおさえられ、
さらにそれぞれの成分の相乗効果が期待できることから一緒に配合された製品が多く出ています。

プラセンタ自体の効き目が強いこともあり、プラセンタだけのサプリメントでは細胞が活性化しすぎて
逆に吹き出物が出てきてしまうタイプの方もいらっしゃいますので、そのようなタイプの方にはまさにプラセンタの効果もありつつ、
細胞自体を強くしてくれるコラーゲンの効果を期待するのが良いと言えるでしょう。