美容

美容外科でプラセンタ注射・点滴

プラセンタとは哺乳類にある胎盤のことで、この胎盤から抽出したエキスにはさまざまな効果が確認されています。
サプリメントでは主に美容面でアンチエイジング効果が期待されていて、美肌や疲れにくくさせたり、
二日酔いを予防させたりという効果がありますが、肝機能の強化やホルモンバランスにも働きかけるので、
医療の現場でも肝機能障害や更年期障害の症状の緩和、肩凝りや腰痛、火傷痕の緩和などにも使用されています。

美容外科では、プラセンタ注射による自然治癒力の回復・改善を求めるものです。
肩凝りや頭痛、冷え性や身体のだるさなどの不調は、自然治癒力の低下やホルモンバランスのくずれなどがあげられますので、
それを改善する為にプラセンタ注射が有効であると言われています。

副作用も他の予防接種などでおこるような注射をした後の発熱や患部の腫れや赤み程度のものがほとんどで、
重症な副作用の報告は今までに1件ありましたが、それもプラセンタ治療が原因かどうかは解明されていません。

医療の場では、プラセンタ注射や点滴の他にも、患部に直接塗布する外部薬として処方される場合もあります。
プラセンタ注射での治療では、はじめの1~2ヵ月は週に1回から2回の割合で接種し、
その後は1~2週間に1回くらいのペースで接種していきます。

プラセンタの効果は個人差はあるものの、平均2回目から3回目の頃には効果が実感できるようです。
美容目的での場合は保険適用にはならないので、料金相場は1回の注射で2000円~9000円と幅は広いですが、
つきに数回通うことを思うと料金は高めとなっています。

プラセンタ注射の料金が高ければ良い、安ければよくないのかというのは、一概にはいえないようです。
なぜなら、プラセンタ注射の料金は1アンプルが1000円~3000円となっていて、
1回の注射で2~3アンプル使用しますので、1回に何アンプル使用しているのかによって大きく料金に差が出ていると言えます。

注射の量が少なければ安く済みますが、量が少ない分効果が少なく効果を実感できるまでに回数が必要になったり、
またはプラセンタの作用が強く身体に出てしまうタイプの方は元々量が少なくしか打てないので安価だったりと、様々なケースが考えられます。
料金の高い安いは、1アンプルいくらかで調べてみると良いかもしれません。