美容

豚プラセンタを選ぶならSPF豚がオススメ

豚由来のプラセンタは、動物性プラセンタの中でも最もポピュラーと言えるものです。

もともと動物性のプラセンタとしては牛由来のプラセンタが多く使用されていましたが、BSE問題などを背景に牛由来のプラセンタは市場から消え、代わりに国産の化粧品や健康食品なのでは豚プラセンタが主流となってきました。

豚以外には馬や羊が由来のプラセンタも市場に出ていますが、馬のように1年に1度1頭しか生まれない希少性に比べ、豚由来のプラセンタはコストも比較的に抑えて生産できるのが要因だったようです。

しかしながら、豚は病気を予防するためにさまざまなワクチンを接種していたり、抗生物質を投与されている可能性も多く、豚由来のプラセンタを選ぶ際には、原料である豚の品質管理にも注目するほうが良さそうです。

中でも『SPF豚』と呼ばれる、日本SPF豚協会の定めた衛生管理法において抗生物質などを一切投与されず薬剤の影響を受けないで育てられた特別な監視下のもとに安全にかつ健康に育てられた豚を使用しているものがあります。

SPF国産豚は特定の微生物や寄生虫のいない無菌に近い豚で、日本でわずか8%しか清算されていない安全で高品質な希少なぶたです。

『EG-プラセンタ』で使用されるプラセンタの原料は、SPF国産豚の中でもハイグレードに評されるGP・GGPグレードのSPF豚を使用しています。
さらに話題のお肌のターンオーバーに関わる希少なEGF様成分や、EGFに似た働きをする美容成分の含まれた高級食材であるツバメの巣エキス、パイナップル酵素で吸収率を従来の2.5倍にした低分子熟成コラーゲン、若々しさをサポートする働きのあるハーブであるイワベンケイ根エキスを配合しているスペシャルプラセンタドリンクです。

『エターナルプラセンタドリンク』もEG-プラセンタドリンク同様にSPF国産豚を使用していて、プラセンタ含有量も30000mgと高濃度の配合となっています。
その他お肌の弾力を取り戻すコラーゲン、乾燥肌や関節のケアをするヒアルロン酸、お肌のハリをとり戻すエラスチン、ツバメの巣、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ローヤルゼリーなど美容成分をぎゅーっと詰め込んだ、お肌のケアはこれ1本でOKのプラセンタドリンクです。